MENU

観る/遊ぶ

≫≫ 国指定史跡 旧島松駅逓所

駅逓とは、駅舎と人馬を備えて宿泊と運送の便をはかるため設置されたもの。 北海道には延べ600を超える駅逓があったものの、当時の駅逓の構造を残す建築物としては道内最古のものです。 寒地稲作発祥の地、青年よ大志を懐(いだ)けの碑も庭内にあります。旧島松駅逓所は、明治6年(1873年)に開通した函館-札幌間の道路(札幌本道)沿いに設置された駅逓所の一つで、往時の面影を色濃く残しています。駅逓所は、交通不便の地に駅舎と人馬を備えて、宿泊と運送の便を図るため設置された北海道独自の施設です。明治4年島松沢に入地した中山久蔵は同6年、現在地に居を定め水稲赤毛種の栽培に成功しました。この傍ら明治17年(1884年)から明治30年(1897年)までこの島松駅逓所が廃止されるまで運営を続けました。 史跡内には、水稲赤毛種の見本田、寒地稲作この地にはじまるの碑、クラーク記念碑、中山久蔵翁頌徳記念碑、蓮池、暖水路などがあります。
所在地
〒061-1265 北広島市島松1番地1

連絡先
TEL:011-377-5412(開館中)

営業時間
4月28日~11月3日▶10時00分~17時00分まで
毎週月曜日(祝日を除く)休刊
※ただし、月曜日が祝日の場合はその直後の平日が休館となります。

ウェブサイト

サービス情報
中央バス「島松ゴルフ場」または「島松沢」で下車、徒歩約10分 JR北広島駅から車で20分
アクセスマップ